平屋へのこだわりや平屋生活で気づいたことを綴ります

平屋の暮らし

平屋作りで気をつけること

どっちがお得?オール電化とガス

更新日:

こんにちは。草太です。

先日、「都市ガスで契約した土地が実はプロパンだったトラブル」についてご紹介したが、その騒動でオール電化も再検討したことがありました。
今回は、オール電化とプロパンガスを真剣に比較した話をご紹介したいと思います。

料金が変わって魅力がなくなったオール電化

オール電化は「IHクッキングヒータ」と、「エコキュート」を使うことで、調理と給湯を全て電気で行うという生活スタイルです。

我が家は元々IHだったので、給湯を「電気(エコキュート)」にするか、「ガス(エコジョーズ)」にするか、検討しました。

検討を始めてすぐにわかったのですが、
2016年にオール電化の料金が改定されて、強みの「夜間蓄熱」のメリットがすっかりなくなっていることがわかりました。

どういうこと?

オール電化で光熱費が安くなる仕組みは、以下となります。

1.オール電化限定の「夜間電気が安くなるプラン」を契約する。
2.安い夜間電力を使って、夜間にお湯を作って置いて、日中はそのお湯を使う。

料金が改定される前は、この夜間電力が圧倒的に安かったのです。

しかし、料金の見直しによって夜間電力が大幅に上がってしまいました。。

どれくらい違うの?

料金改定前後の料金を比較して見ましょう。

改定前(電化上手) 改定後(夜とく8)
夜間電気料金 12.25円 20.78円
早朝 26.01円 20.78円
昼間 31.73円(夏期38.72円) 32.14円

改定前後のプランは、対象の時間帯が違いますので、上の表はかなり大雑把な比較ですが、重要なポイントがわかります。
重要なポイントは、オール電化の唯一の強みだった「夜間の電気料金」が7割近く値上げになっているということです。

改定前は、「うまく使うと、光熱費を都市ガスより若干安くできる」というものでした。
うまく使う、というのは、「洗濯機を夜回す」「食洗機を夜回す」「できるだけ早朝に料理する」など、日常生活に様々な制限をかけないといけません
それでも光熱費が安くなるなら、それはそれで楽しめると思いますが、この料金では節約になりません。
ちょっと安いプロパンを探して、時間帯を気にせず生活した方が光熱費は安いでしょう。

比較してみましょう

都市ガスとオール電化、プロパンガスを比較してみます。
(1kWhあたりのエネルギーコストに換算)

都市ガス 12.10円
プロパンガス 21.21円
オール電化(夜) 20.78円
オール電化(昼) 32.14円

オール電化の夜間と、プロパンガスの費用はほぼ同じです。
頑張って夜にお湯を沸かしても、全然お得じゃないんです。

まとめ

申し訳ないですが、改定後の料金で、オール電化を選ぶメリットはないです。

私なら、タダでエコキュートをサービスしてくれると言われても、プロパンガスを選びます
(もちろん、都市ガスが選べるなら都市ガスにしましょう。)

プロパンガスも、会社を自由に選ぶことができます。
よく比較して、気に入ったところを探しましょう!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-平屋作りで気をつけること

Copyright© 平屋の暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。