平屋へのこだわりや平屋生活で気づいたことを綴ります

平屋の暮らし

失敗談 平屋作りで気をつけること

引き渡し後トラブル 壁補強がない!

更新日:

こんにちは。草太です。

今回は引き渡し後のトラブルについてご紹介します。
壁掛けテレビをするために壁の一部に「壁補強」をお願いしたのに、ハウスメーカーのミスで補強していなかったのです。。

引き渡し後、DIYで壁掛けテレビをつけたのですが、どうやっても補強した壁が見つけられず、現場監督に問い合わせて発覚しました。
こちらは、仕方なく柱に固定した壁掛けテレビです。


ちなみに、取り付けたテレビはブラビア55型、KDL-55W900Aです。

このように、苦肉の策で、柱に2本ネジを通して固定しました。
(赤いラインが柱です。)


左側のネジ2つは、石膏ボードのみの固定なので、スカスカ、気休め程度についているだけです。

お、おかしい、、石膏ボードがあるはずなのに。。!

と、DIY当日は半泣き状態で壁掛けしました。
針を使って何度も補強壁を探したのですが、見つからないため、現場監督に確認させたところ、、、

現場監督
あ、、壁補強忘れてますね。おかしいなぁ。。

 

って、おい!

設計書にはっきり書いてあるし、内覧会の時もちゃんと入ってるか確認したよね!?

他が大丈夫か心配になります。。

床の見切り事件や、都市ガス間違い事件など、家作りでこの程度のミスは当たり前のことなんでしょうかね。。

ハウスメーカーも落ち度を全面的に認めて壁補強をやり直してもらうことになりました。

壁補強当日

まず、テレビを外して

壁補強するところの石膏ボードを切り出します。
さっそく、新築の家にノコギリを入れられることになるとは。。


新しい壁を、ゴリゴリと切られる様は、精神衛生上よくないですね。

ちゃんと戻るのか心配になって、妻が立会いしている現場監督にブチ切れるのを横目に、作業は進みます。。。

こんな感じで石膏ボードを切り抜きました。

中は空洞になっているんですね。
石膏ボードの厚さは2cmくらい。意外と薄いんですね。ぶつけたら簡単に穴が空いてしまいそうです。

壁補強用の板をはめて

石膏ボードを固定します。
本当に綺麗に直るのか心配です。。

石膏ボードでフタをしたら、内装業者さんにバトンタッチです。

どこまで壁紙を貼り直すのかと思ったら、綺麗に直すために壁一面を全て張り替えるようです。

全部剥がした後は、テキパキと壁紙を貼り直していきます。
さすが職人さん、壁一面張り替えるのに、30分も掛からなかったです。

壁紙を貼り直したら、元の位置にテレビ掛け用の金具を設置し直します。
今度は素人のDIYではなく、職人さんに壁掛けしてもらうので、その点はよかったです。

最後にテレビを掛け直して、作業完了。

外からの見た目は綺麗に仕上がったと思います。
石膏ボードを切ったところも全くわかりません。

妻は、それでも「最初からやっていれば石膏ボードを切らずに済んだ」と納得してませんが、まぁ、よしとしましょう。。

壁掛けテレビに使った金具

ちなみに壁掛けに使った金具は、「TVセッタースリムGP103 Mサイズ 」というものです。
特殊な工具は必要なく、素人でも大人2人で、3時間程度で付けられました。

まぁ、3時間といっても、そのうち1時間は壁補強箇所と柱を探していた時間です。
補強がちゃんとできていれば、2時間でできましたね。
念のために買っておいた、下地探しが活躍しました。

この記事をご覧になった皆さんも、新築で壁補強した際には、「補強がちゃんとされているか確認したい」と現場監督にお願いするとよいと思います。

事前にお願いすれば、下地センサーなどを用意してれるので、今回のようなトラブルは軽減できると思いました。

広告

広告

ランキングサイトに参加しています

ランキングサイトに参加しています!
クリック頂けますと大変励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村


平屋住宅ランキング

-失敗談, 平屋作りで気をつけること

Copyright© 平屋の暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。