平屋へのこだわりや平屋生活で気づいたことを綴ります

平屋の暮らし

平屋へのこだわり

屋根勾配と母屋上げ

更新日:

こんにちは。草太です。
今回は、平屋の家を多く見せる技をご紹介したいと思います。

平屋の「小屋感」は屋根で調整できる

平屋を設計していて気になるのが、「なんとなく家が小さく見える『小屋感』」です。
2階建の家でも同じ感覚に陥るらしいのですが、平屋だと特に感じることがあると思います。
実際に建築して、柱が立ってしまえば不安は払拭されることがほとんどだそうです。

とはいえ、設計段階で本当にそうなるか不安。。

と気になるのであれば、「屋根勾配」と「母屋上げ」をして屋根を大きくしてみましょう!

屋根勾配を高くすると家が大きく見える

家を大きく見せるテクニックによく使われるのが、屋根勾配を上げることです。
屋根勾配を上げると、屋根が高くなることで家が大きく見えます

メリット・デメリットはこちらのサイトに詳しく書かれています。
https://roof-partner.com/roof-incline-11554

私のお願いした工務店では「4寸勾配」というのが標準でした。
家の大きさにもよりますが、10万円前後の費用で5寸にすることができるそうです。
(勾配を上げると、屋根や壁の面積が増えるため、料金が上がります。)
ちなみに勾配を上げると、太陽光パネルの発電効率が上がるので、太陽光パネルを検討している人にはダブルでオススメです。

母屋上げでも家を大きく見せる効果が

屋根の勾配は変えず、片側の面積を大きくすることで、屋根を大きく見せることもできます。
片方の建物の高さが上がるため、母屋上げと言われます。

私の場合は、屋根勾配を上げるのと迷い、母屋上げをしてもらうことにしました。

母屋上げを選んだ理由としては、こちらの方が太陽光パネルを多く載せられるためです。
太陽光パネル側の屋根を広くすることで、1列パネルを多く載せられました。
ちなみに費用は、勾配を1つ上げるのとほぼ同じでした。

まとめ

設計していて「思ったより家が小さいかも」と気になったら、屋根勾配と母屋上げを相談してみましょう!

ちなみに、小屋感を相談した設計士さんが、思い切った屋根を提案してくれました。

かっこいいですねー。
予算の都合であきらめましたが。。

ちなみに元のプランはこれです。
屋根でだいぶ印象が変わるものですね。

元のプラン

 

後日追記
実際の出来上がり写真を乗せておきます。
CGで見るよりも、大きく見えます。

反対側からみた様子がこちら

よく見ると、写真左側の屋根が広くなっていることがわかると思います。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-平屋へのこだわり

Copyright© 平屋の暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。