平屋へのこだわりや平屋生活で気づいたことを綴ります

平屋の暮らし

平屋のお得情報 平屋へのこだわり 平屋作りで気をつけること

予算の節約ポイント

更新日:

こんにちは。草太です。
今回は私が注文住宅の見積もり時に行った、予算の節約ポイントについてご紹介させて頂きます。

最初にお断りしておきますが、私はかなりケチな部類の性格のため、あまり他の方の参考にならない可能性があります。

「せっかくのマイホームなんだから、ケチって妥協したくない!」と思う人には共感できないかもしれません。
そういう場合は、適度に読み流してもらえますと幸いです。

私の状況

ハウスメーカーさんに最初に見積もってもらった金額は、最終的に必ずと言っていいくらい膨らみます
設計を進めて行くうちに、どうしても欲しい設備や、こだわりたいポイントが出てくるからです。

これはハウスメーカーの担当から聞いた話ですが、「当初の見積もりの10%アップに抑えられれば大したもの」、という感覚のようです。
途中で夢が膨らんだ場合、20%,30%アップは普通のようです。

私も少なからず、金額が予算を上回る事態になってしまったのですが、どうしても予算は守りたかったため、色々と節約を検討しました。

予算の節約ポイント

予算を守るコツについては、以前記事に書かせて頂きました
ここでは、具体的に節約した内容を挙げたいと思います。

不要な窓なくす

窓にもお金が掛かります
私のお願いしたハウスメーカーさんですと、腰高窓を1つにつき、6万円弱のお金掛かります

これを減らすだけでも大きな節約になるわけですが、もちろんただ減らせばいいわけではないです。

以下の条件に合う窓があれば、削ることを検討しましょう。
・1部屋に2つ以上窓がある
・北側、もしくは日当たりが望めない窓がある

私の場合、当初、北側の部屋に窓が2つあったので、北向きの窓を無くしました。

また、窓を減らすと、費用面以外にも、以下のようなメリットがあります。
家具を置くスペースができる
断熱効果がアップする

注文住宅のあるある失敗事例として、明るい家にしたくて窓をたくさんつけたら、家具を置くスペースがなくなってしまった。というものがあります。家具を置くためには、ある程度の壁面が必要です。

また、窓は、住宅で一番放熱しやすい場所です。5割から7割の熱が窓を通して出入りしてしまうのです。
窓を減らすことは、断熱効果を高めることに繋がります。

収納まとめる

意外ですが、収納スペースも、1ついくらでお金がかかります

私のお願いしたハウスメーカーさんの場合、枕棚とパイプをつけると、1つ9万円近く費用が掛かりました。

収納をまとめるコツとしては、
このように収納がくっついている場合は、、、

こうすることで、費用を節約可能です。

収納スペースをまとめることで、リビングの壁が広くなり、デザイン的にもスッキリした形にすることができました。

まとめ

窓や収納は、1ついくらでお金がかかるものです。

1度付けたいと思った窓や収納を削るのには勇気が入りますが、減らすことで得られるメリットもありますので、ぜひ検討されることをオススメいたします。

広告

広告

ランキングサイトに参加しています

ランキングサイトに参加しています!
クリック頂けますと大変励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村


平屋住宅ランキング

-平屋のお得情報, 平屋へのこだわり, 平屋作りで気をつけること

Copyright© 平屋の暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。