平屋へのこだわりや平屋生活で気づいたことを綴ります

平屋の暮らし

その他お得情報

コミュニティサイクル(東京)をお得に使う方法

更新日:

こんにちは。草太です。
今回は、平屋と関係ないですが、日常のお得情報をご紹介したいと思います。

都内にお勤め・お住いの方限定になってしまいますが、東京都内9区で利用できる「東京自転車シェアリング」(コミュニティサイクル)をお得に使う方法をご紹介させて頂きます。

私は1年近くこのコミュニティサイクルを利用しています。
主な用途は、会社と駅の往復です。
徒歩だと会社と駅を15分近く歩くのですが、自転車を使うと、6分で楽々通勤でき便利です。

利用料は、1回あたりお金を払う「1回会員」が、最初の30分150円、延長30分100円です。
もしくは、月2,000円で30分以内なら何度でも利用できる「月会員」があります。

ちなみに、上記の金額は全て税抜きです。税込なら、2,160円ですね。
「月2,160円の固定出費はちょっと多いな。。」と思われた方、実は、少し手間をかけるとこの費用をグッと抑えることができるのです。

お得技その1 1日単位で月会員を使い分ける

月会員の費用についてですが、「日単位で1回会員に変更することが可能です」月の途中で月会員の切り替えを行った場合、料金は日割り計算されます。
1日あたりの料金で考えると、2,000円÷31=約65円となります。

ここで感のいい人は、

え、え、1回会員で1回借りるより、1日だけ月会員になった方が得じゃない??

と思うと思います。
答えは、はい。可能です!

1回会員で1回借りると、150円掛かりますが、1日だけ月会員になれば、65円で済むのでお得です。
しかも、その日は30分以内なら利用し放題です!

聞くと圧倒的にお得な仕組みですが、2点留意点があります。

切り替えの回数に制限がある

うまい話ばかりではないですね。

「1回会員」⇔「月会員」の切り替え回数は、「月10回まで」と決まっています。
それが「変更要求回残数」というもので、上記例ですと、すでに1回切り替えをして「9」に減っていますね。
この値は、切り替えをする度に1ずつ減っていき、0になるとその月は切り替えができません。
そして毎月1日にリセットされ、10回に復活します。

逆に10回までは切り替えが認められているので、使い時を考えて計画的に切り替えをしましょう。

2018年10月1日より、月の切り替え回数が2回に変更になりました。。
月の中で切り替えてお得に使うのは、難しくなってしまいました。
元に戻ってくれることを願います。

私の場合、土日祝日はコミュニティサイクルを利用しないため、土日は1回会員、平日は月会員と入れ替えをしています。
使わないタイミングで上手に切り替えをすると、以下のように費用を抑えることができます。

先月の利用料は、1,257円(税込)でした。
だいたい毎月同じくらいの費用です。
ちなみに、利用回数は60回でした。1回20円と考えると、とってもお得ですよね

前日に切り替えないといけない

日単位で切り替えをする場合、「変更反映設定」を「翌日反映」にして、事前に変更手続きをする必要があります。
間違えて「翌月反映」にしないように気をつけてください。

この前日に切り替えないといけないのが曲者で、私はよく切り替えを忘れて後悔します。

前日中であれば、いつ手続きしてもよいので、思い出した時に設定しておくようにしましょう。

お得技その2 30分を超えて利用するときは、1回ポートに戻る

2つ目のお得技は割と一般的なものですが、30分を超えて利用する時は、1度ポートに帰って自転車を返却し、即座に借りるという技です。

月会員でも、30分を超えて利用すると、30分ごとに100円の追加料金が発生します。
しかし、30分以内に自転車を返し、再度借りるを繰り返せば、何度借りても追加料金はかからないのです。

上記は、利用例です。
15:43に自転車を返し、15:44に借り直しています。

自転車を利用していて、30分を過ぎそうな場合は、近くのポートを探して借り直しをしましょう。

操作はとても簡単です。

ポートで一旦自転車を返却し、

すぐに借りる。これだけです。

まとめ

工夫するととってもお得に利用できる、コミュニティサイクル、ぜひ試してください!

東京以外の方、ごめんなさい!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-その他お得情報

Copyright© 平屋の暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。