平屋へのこだわりや平屋生活で気づいたことを綴ります

平屋の暮らし

その他お得情報

エンジンオイルは自分で交換する

更新日:

こんにちは。草太です。

節約大好きな自分は、車のエンジンオイルも交換します。

ちょうど先週、エンジンオイルとフィルターを交換したので、記事にしたいと思います。
慣れると30分ちょっとでできる、簡単な作業です。

車はホンダのfit(GD3)です。

今回用意したのは、
カストール10w-30 1,780円
オイルエレメント(H1540-RTA-515) 990円
です。

まずはこのように車の下に潜れるようにします。
昔買ったカースロープを使っています。

カースロープの手前には、下敷き防止のために気休めでスペアタイヤを入れてます。
カースロープが無い方は、ジャッキやブロックでもいいと思います。

下に潜ると、ENGINE OIL→とわかりやすく書いてあります。

このボルトを外します。

ボルトを外すと勢いよくオイルが出てくるので、バケツでキャッチします。

オイルが出ている間に、ボルトを綺麗にして、新しいワッシャーに入れ替えます。
ワッシャーはもったいないですが使い捨てです。

ポタポタオイルが垂れるようになったら、ボルトを締めます。
こだわる人は、オイルが抜け切るまで待つようですが、時間がとてもかかります。

ボルトの開け締めには、このようなソケットレンチが必要です。
fitの場合は17mmのものを使います。

続けて、オイルエレメントを交換します。

このときもドバーっとオイルが漏れるので、バケツでキャッチ。

新しいエレメントに差し替えます。
奥が古いもの。

新しいエレメントのゴムパッキンに廃油を塗っておくと、取り付けがスムーズに行きます。
エレメントの付け外しにも、このような工具を使います。手では無理です。

これでオイル抜きの作業は完了。
これだけの廃油が取れました。

今度は新しいエンジンオイルを入れます。

このようなじょうごを100均で買っておくと便利です。
じょうごはまた後でも使います。

3.5Lくらい入れたら、レベルゲージでこまめに適正量をチェックします。
見にくいですが、写真がちょうど真ん中の状態です。

入れすぎてしまうと、手戻りが非常に大きいので、慎重に入れましょう。

取り出した廃油は、先ほどまで新しいオイルは入っていた缶に入れて保管します。
少し新しいオイルが残ってますが、使い道はありませんので。。

保管した廃油は、気が向いたタイミングでガソリンスタンドに持っていくと、無料で引き取ってくれます。

お店で頼んだら、安くても7,000円はかかるオイル+フィルター交換。
自分でやれは3,000円も掛かりません。

おすすめなので、ぜひチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-その他お得情報

Copyright© 平屋の暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。