平屋へのこだわりや平屋生活で気づいたことを綴ります

平屋の暮らし

その他お得情報 平屋の生活

キッチンシャワーを設置

投稿日:

こんにちは。草太です。

今回はキッチンにシャワーを設置しました。

経済性重視のわが家では、ランニングコストのかかる浄水スパウトは使わず、市販のシャワーで対応しました。

キッチンのシャワーは必要

平屋生活を初めて、すぐに妻から不満が出た点が、「キッチンのシャワーがない!」です。

キッチンメーカーの標準装備は、「泡沫タイプの通常蛇口」といういわゆるストレート型の水栓のため、洗い物がしにくいとクレームです。

泡沫タイプなので節水にはなるのですが、家事の効率が悪いと妻からは不評でした。

メーカー標準のスパウトを検討

ということで、まず検討したのが、メーカー標準の「浄水機付きスパウト」でした。

我が家では、飲料水は近くのスーパーで汲んでいるので、正直浄水機能はいらないのですが、「シャワー機能だけ」というスパウトはないようです。

このスパウト、見た目が美しいのはいいのですが、浄水フィルターのランニングコストが高いのが気に入りません

使い方次第ですが、2ヶ月〜4ヶ月ごとに、4,000円以上するフィルターを交換し続けるのは、私としては許容できませんでした。

シャワー機能のみ実現

そこで購入したのが、外付けのシャワーキットでした。

右側にあるのが、水栓をシャワーとストレートで切り替えられるようにするシャワーヘッドです。

左側にあるのが、我が家のスパウトにこのシャワーヘッドをつけるための変換アタッチメントです。
スパウトタイプの水栓は「内ネジ型」と呼ばれる取り付け方に対応したものになっています。

右側の商品だけでは、この内ネジ型に対応できないため、左側の変換アダプターが必要になります。

取り付け方

取り付ける様子がこちら

まず、スパウトの蛇口部分を確認します。
見にくいですが、中心にマイナス状の窪みがあるため、十円玉などで泡沫水栓を外します。

次に、変換アダプターの中から
「M24(内ネジ用)」というアダプタを取り出します。
他のアダプターは使用しません。

次に、シャワーのノズル部分を取り出して、先ほどのアダプタとくっつけます。
シャワーに同梱されているアダプターは使用しません。

注意点としては、シャワー側のアダプターとの接続部分にパッキンが2つ入っている点です。
高さの調節用で2つつけてくれていますが、1つで十分です。背の高い方のパッキンだけ使用するとピッタリみたいです。

このようにドッキングします。

あとは、変換アダプターをスパウトに差し込んで回せば、固定完了です。

変換アダプター側のネジ山が数ミリ見えてしまいますが、水漏れなどはありません。

今更ですが、キッチンをもう少しキレイにしてから写真を取ればよかったなぁ。。

安いので期待してなかったですが、このシャワー結構便利です。

本体をクルッと回すだけでシャワーとストレートを切り替えでき、ヘッドの角度も調整できるので、
洗い物をする時の微調整が簡単です。

ということで、1,500円程度の費用で、家のキッチンをシャワー化することができました!

見栄えはアレですが、実用性重視の方はぜひご検討ください!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-その他お得情報, 平屋の生活

Copyright© 平屋の暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。