平屋へのこだわりや平屋生活で気づいたことを綴ります

平屋の暮らし

平屋へのこだわり

不動産業者さんに紹介してもらう

投稿日:

こんにちは。草太です。
今回は、土地探しをするのに不動産屋さんにも相談した方がよい理由を説明します。

土地探しに不動産サイトの新着メールサービスを利用した方がよい件は前にご紹介しました。
これ以外にも、平行して不動産屋さんに相談した方がよいと思います

その理由は、未公開物件にあり

物件には「未公開物件」というものがあります。

実は、
不動産サイトに上がってきた物件には、「誰が見ても魅力的な物件、格安な物件」というのは、あまりありません
というのも、不動産サイトに上がる前に順序があり、

  1. 不動産屋の内部で紹介がされて
  2. レインズに公開されて
  3. 不動産サイトに掲載

という流れがあります。
本当に、誰が見てもよい物件は、上記の「1.」「2.」の段階でなくなってしまうのです。
回転寿司屋さんで言ったら、不動産サイトに掲載された時点で、1、2周レーンを回った後のネタなんです。

もちろん、それでもよい物件はたくさんありますが、せっかくだから「1.」の時点で知りたいですよね。

方法としては大きく2つあります。

大手不動産系(不動産屋は両手取引をしたい)

不動産会社が、不動産の売主側にも、買主側にも仲介する取引を「両手取引」といいます。
両方から手数料を取れるため、不動産屋にとっては、美味しい取引となります。

ところが、両手取引のためにいつまでも不動産屋が物件を抱えていると、物件の流動性を損なうことになるため、
「レインズ」という不動産の流通システムに登録しなければなりません。(専任媒介契約の場合)

レインズに登録すると、日本全国の不動産仲介業者にその情報が公開されてしまいます。
他の不動産屋が買主側の仲介に入ると、その取引は「片手取引」となり、不動産屋は売主側からしか手数料をもらえません。

もちろん、不動産屋さんはなんとしても両手取引したいわけです。
レインズの登録期限は、契約から1週間以内ですので、この1週間の間に買主を見つけてしまいたいわけです。

不動産屋さんに予め希望の物件を伝えておくと、この条件に一致した時に優先的に紹介してもらうことができます

いわゆる未公開物件ですので、非常に魅力的な物件の可能性もあります。
紹介を受けるチャンスは、その不動産屋が扱っている物件数が多いほど高くなります。
お住いの地域で最も取引量の多い不動産屋さんに相談しましょう。

両手取引の詳しいことはこちらのサイトでわかりやすく説明してあります。

【両手取引】不動産屋の「囲い込み」への有効な対策3つ

地元の不動産系も狙い目

どこにも、地元の小規模な不動産屋さんってありますよね。
どういうわけか、この地元の不動産屋さんにも、未公開物件があります。

おそらく、地元の方が近くの不動産屋さんにこっそり相談するのだと思います。
(特に高齢の方は、地元の不動産屋さんに相談することが多いようです。)
私も、実際に地元の不動産屋さんから未公開物件をいくつか紹介頂きました。

公開していない理由は、「売主が『土地を売りたいこと』を知られたくない」からだそうです。
(ただ、実際の住所を出さずに不動産サイトへの掲載はできますので、両手取引したい口実かもしれません。)

取り扱い規模が小さいので、そんなに件数はないですが、
偶然、自分の欲しい物件を紹介してもらえたらラッキーですよね。

まとめ

ということで、非公開物件はとても魅力的な物件の可能性があります。

積極的に紹介してもらうように、「地域の大手不動産屋」と「地域密着の不動産屋」に相談してみましょう!

広告

広告

ランキングサイトに参加しています

ランキングサイトに参加しています!
クリック頂けますと大変励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村


平屋住宅ランキング

-平屋へのこだわり

Copyright© 平屋の暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。