平屋へのこだわりや平屋生活で気づいたことを綴ります

平屋の暮らし

その他お得情報 マイホームを検討している方向け 失敗談 平屋ができるまで

お風呂の24時間換気はあった方がいい

投稿日:

こんにちは。草太です。

今回は、お風呂の換気について記事にしたいと思います。

お風呂の24時間換気はおすすめ

キッチンの設計をするときは、お風呂の換気をどうするか考えた方がいいと思います。

できるだけ楽に、ミスが出ないように換気できる仕組みにしないと、新しいお風呂もすぐにカビが出てきてしまいます。

一軒家の場合、ほとんど浴室には窓がついていると思います。

「お風呂を使った後は、必ず窓を開ける」という運用を徹底できれば、換気の問題はありません。
ただ、これがなかなか簡単なことではありません。

マーフィーの法則

って、ご存知でしょうか。

「可能性があることは、いつか必ず発生する」という法則です。
統計学的にも、「可能性が0でなければ、試行回数を増やすことで99.99%発生する」という裏付けがあります。

小難しい話をする気はなく、ここで言いたいのは長い目で見ると「窓の開け忘れ」を防ぐことはできない。ということです。

マーフィーの法則を持ち出さなくても、「家族がうっかり開け忘れる」、「お父さんが最後にお風呂を使うと思ってたら使わず、換気できなかった」など、容易に発生しそうですよね。

私としては、そのようなミスを想定して、常に換気をする仕組みにすることをおすすめします。

24時間換気だけなら高くない

24時間換気というと、浴室乾燥機能もセットで提案されることが多いですが、24時間換気だけだと1万円ちょっとです。
浴室乾燥機能を付けると5〜10万円かかることに比べると、割安ですよね。

「常時換気機能付き」というらしいです。私が頼んだのはこちらでした。

LIXILです。
見た目は全く同じで常時換気機能がない、UF-27Aというのが、標準の提案でした。

下記のように、常時換気機能にしても、1万円しか変わりません。

常時換気機能がつくと、浴室のスイッチが下記のようになります。

上段が換気扇のスイッチなのですが、上のスイッチが「換気扇のON/OFF」で、下のスイッチが「強/弱」を切り替えるスイッチです。

基本的に換気扇は強で入れっぱなしにしていて、冬場など換気扇をつけると寒い時は「弱」にするとよいと思います。

本当のおすすめは、「一時停止機能付き」の24時間

正直、冬は「弱」でも換気扇をつけると寒く、入浴中は一時的に常時換気機能を切りたくなります。

そうすると結局マーフィーの法則から逃れることができず「つけ忘れ」が発生します。

我が家でも、この1年で2回発生しました。
朝、浴室を見ると水滴が残っていてがっくりすることになります。。

そこでおすすめなのが、この「一時停止機能付き」常時換気となります。
一時停止ボタンがついており、このボタンを押すと、30分〜60分間常時換気が停止し、その後自動的に元に戻るというものです。

こちらのサイトにあるようなものです。

我が家でも導入したかったのですが、5万円程度予算が増えてしまうため泣く泣く諦めましたが、正直入れておけばよかったと後悔しております。。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-その他お得情報, マイホームを検討している方向け, 失敗談, 平屋ができるまで

Copyright© 平屋の暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。